トップ  >  技術解説  >  沈め彫り
ブラスターのノズルから噴出する砂を 木彫り用の彫刻刀の刃のように用います。細いところは細く鋭く、大きく広いところは広く、また深いところは強く、木彫刻が彫刻刀を変えながら彫るといった発想から生まれた技法です。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:199 平均点:5.38
前
逆レリーフ
カテゴリートップ
技術解説
次
被せ段彫り

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失